スポーツウェアを長持ちさせるには

快適なスポーツをするために必要なのが、身体にフィットして動きやすいスポーツウェアを着用することです。最近多く見られるようになったスポーツタイツやスパッツ、ランニングパンツ、トレーニングウェアなど機能性の高い製品は、正しく着用することにくわえ、着用後のケアをきちんと行うことが重要となります。日常的な衣料品などと同じようにラフな扱いを行うと、せっかくの優れた機能を損なったり、ダメージによって着用ができなくなったりしますので、取り扱いには十分に気をつけることが大切です。適切な着用方法と、適切な着用後のケアで、大切なスポーツウェアを長持ちさせましょう。なお、取り扱いについては、製品の説明書きや洗濯表示などをきちんと確認しておくことも大切です。

汗をかいたあとには必ず洗濯をして陰干しを

激しい運動をした後には、当然多くの汗をかきます。汗はただの水分ではなく、ニオイの原因となる成分や雑菌も含まれていますので、そのまま着用後のスポーツウェアを放置しておくことは厳禁です。汗を流したあとにはすみやかに洗濯をするのが望ましいでしょう。すぐ洗濯機を使用できない場合には、洗面器などに水をはり、少量の洗剤を溶いてつけ置きしておくと、ニオイの発生やシミを防ぐことができます。色合いの濃いものは、漂白剤の入っていないホームクリーニング用の洗剤を利用するとなお良いです。洗濯をした後にはすぐに形を整えて干すということも大切です。形崩れやシワを防ぎ、次に着用する時に快適です。色あせやセンイの劣化を防ぐためには、室内での陰干しがベストです。直射日光に当てて乾かすと生地をいためることもありますので気をつけましょう。

ウェアの着用時に注意するポイント

機能性の高いスポーツタイツは、筋肉の負担を軽減してくれたり、保温性を高めて体の動きをサポートしてくれたりするため、年令や性別を問わずに人気のあるアイテムです。しかし、正しい着用方法をせずにダメージを与えてしまうというケースが多くあります。タイツをはくときには、必ず指の爪を切りそろえておくことが重要です。爪で生地を引っ掛けるとそこから破れが発生してしまう可能性があります。また、タイツを伸ばしたままはくのではなく、かならずたくし上げるようにしてゆっくりと引き上げるのがポイントです。立ったままはこうとしてウェスト部分を手にかけて引き上げる方法で着用している人がいますが、それではスポーツタイツの寿命を縮めてしまいますので気をつけましょう。正しい着用方法に気をつけることで、快適な状態で長持ちさせることができます。

受注センターは年中無休で営業をしていますので、スタッフの知識向上の為の研修も行っています。 商品やご希望額から商品検索が可能で、お探しの商品が見つけやすいです! お得なセール情報や新商品の情報をメールでお送りしていますので、ぜひメールマガジンにご登録ください! お取り扱い商品が豊富でスポーツ用品からフィットネスや格闘技用品までございます。 スポーツウェアが豊富なBODYMAKER(ボディメーカー)