スポーツウェアのおすすめの選び方

スポーツウェアは、ウォーキングや体操などの軽い運動の場合は動きやすさがあればどんな服装でも構わないのですが、スポーツの種類によってはよりパフォーマンスを高めるために効果的な機能性がついている必要があります。オールマイティーに使用できるスポーツウェアもあれこれ揃えなくていいので役立つのですが、どんなスポーツをするのかによって的を絞りこんで探してみるといいでしょう。大きく分けると、大量に汗をかくようなスポーツである場合には、汗をかいても引き続き快適に過ごすことができるような素材であることが望まれることになり、また柔軟性をいかしたスポーツであれば、ストレッチ性が高くよく動かす場所には生地が動きを邪魔しないような作りをしていることが望まれます。

大量の汗をかくようなスポーツであれば

スポーツの中でも、マラソンやトレイルランなどの走ることをメインとしたり、テニスやサッカーなどボールを扱うものであっても競技中は走り回ることが多いというスポーツの場合には、大量の汗をかくことになります。かいた汗を吸収することができる素材として天然繊維でもある綿は非常に役立つのですが、生地が汗を吸収すれば素材が重くなってしまい、汗の水分が冷えて体まで冷やしてしまうことになるので、風邪をひくなどの体調の悪化につながってしまいます。合成繊維では、かいた汗を発散させて素早く乾かす機能があり、肌触りもサラサラとしているのでべたつくことがありません。綿と合成繊維の混紡であれば、両方のメリットを得てより快適に過ごすことができる快適なスポーツウェアにもなります。

柔軟性をいかしたスポーツであれば

スポーツの中には、柔軟性を活かしたパフォーマンスを行うというものもあります。その一つでもあるヨガでは、ゆったりとした動きでありながらも上半身と下半身を大きく動かすことになるので、動きやすいウェアであることが求められます。とくに、袖繰りや股繰りは大きな動きをした時に布がひきつられるような感覚があれば、パフォーマンスにも影響を与えてしまいます。ストレッチ性が高いことにプラスして、十分なゆるみが確保されていること、女性であれば動いてもバストや腰が露出しないようなデザインを選ぶといいでしょう。ただし、ヨガでもインドの気温や気候に合わせた高温多湿な場所で行うホットヨガになれば、日本人にはその室内にいるだけでもじんわりと汗をかいてしまう気候でもあるので、吸汗速乾機能が備わっていることも求められます。