インビザラインの概要とメリット

インビザラインは、米国アライン・テクノロジー社が提供しているマウスピース矯正のための器具、およびそのシステムの名称です。インビザラインは、透明なマウスピースを使うため、ワイヤー式の矯正器具と比べて目立ちにくいというのが一番の特徴です。器具の製作には、3次元画像化技術や、CAD/CAMなどの最新技術が用いられているため、一人ひとりの歯の形状に合った、正確な(誤差のない)マウスピースの製作が可能だと言われています。メリットとしては、目立ちにくいということのほかにも、金属アレルギーを気にしなくていいことや、痛みが比較的少ないことが挙げられます。そして器具の取り外しが簡単に出来るため、食事や歯磨きをするときにも便利です。さらに、それぞれの症例に応じたタイプや、成長期の子どもに適したタイプなど、器具の種類も複数用意されています。

ワイヤーを使った歯列矯正とインビザライン

美しい歯並びを手に入れるための歯列矯正の治療法は、大まかに分類するとワイヤーやブラケットと呼ばれる器具を矯正したい歯に取り付けるものと専用のマウスピースを用いたインビザラインと呼ばれるものがあります。前者は金属製や審美性の高い非金属製の器具を歯1本1本に装着し、歯並びを治していきます。目立ちにくくするために歯の裏に装着したり、発音障害を防ぐために上の歯には裏、下の歯には表と組み合わせる場合もあります。後者のインビザラインは、一人ひとりに合った透明で薄いマウスピースを製作し、それを自分で装着するという治療法です。これは痛みが少ない分しっかり決められた時間装着しておかないと望んだ結果が得られない可能性があります。それぞれの治療法には体質や顎の形によって向き不向きがあるので、歯科医師ときちんと相談し自分に合ったものを選択しなければなりません。

友人がインビザラインで矯正をしています

先日、久々に友人と会ったとき、矯正歯科に通っている話をしてくれました。ずっと歯並びが気になっていたのでクリニックに相談したところ、インビザラインで行う矯正治療を提案してくれたと教えてくれました。インビザラインというのはマウスピースのような透明の矯正装置で、魅力的な特徴がたくさんあるんだそうです。まず、透明で目立ちにくいから、大人でも矯正治療が受けやすいことです。もちろん、いつもどおりに食事もできますし、痛みがほとんどないんだそうです。しかも、取り外しが可能だから、非常に衛生的だという特長もあると言っていました。また、通院の回数も少なくて済むため、忙しい人でも治療を続けやすいそうです。実際に友人と話していても、言われなければ矯正治療をしていることに気づかないほど自然で驚きました。ちなみに、インビザラインはおしゃべりもしやすいため、生活していて不便を感じることがないそうです。